Skip to main content

英語学習|漫画『ドラえもん』の英語版の携帯アプリ「ドラえもんイングリッシュコミックス」等も市販されていますので…

YouCanSpeak(YCS)という教材の特徴は、耳から入って英語学習をするというよりも、多く話すことで英語学習するタイプのテキストです。とにかく、英会話を主目的として訓練したい人達に非常に役立ちます。
多くの事を暗記していれば取りつくろうことはできるが、時間が経過しても英文法自体は、分かるようにならない。むしろ把握して、全体を見ることが可能な英語力を養うことが重要なのです。
よく聞くところでは、英語の勉強では、単語や語句の辞書を効果的に利用することは、まことに必要なことだと断言できますが、実際の学習において、初期には辞書を用いない方が早道になります。
英語を降るように浴びせられる際には、注意深く注意集中して聴き、あまり聴き取れなかった所を幾度も口に出して読んでみて、この次からは分かるようにすることが大変重要だ。
詰まるところ英会話において、発音を聞き取る能力(リスニング)とスピーキングの力は、一定の状況にだけ使えれば良いのではなく、あらゆる全ての会話内容を補えるものでなければならない。

様々な役目、多様な状況別の話題に即した対話劇形式で会話能力を、合わせて英語トピックや歌、イソップ物語など、数々のネタを使って、聞く能力を自分の物とします。
「英語圏の国に滞在する」とか「外国人と友達になる」とか「映画を原語のまま観たり、英語圏の歌や外国語のニュースを聴く」等々の方法がありますが、とにかく単語自体を2000個くらい暗記することでしょう。
英会話を学習するための姿勢というより、会話を実践する場合の気持ちの持ち方といえますが、発音の間違いを恐れることなくじゃんじゃん話していく、こうした態度が英語がうまくなる極意なのです。
何のことかというと、表現が着々と聞き分けられる次元になってくると、言いまわしをひとつの塊りにして記憶の中に集積できるような時がくる。
一般的にTOEICは、定期的に開催されるので、しきりにチャレンジするのは無理でしたが、日本初の適応型テストであるCASEC(キャセック)は、WEB上で時期を問わずテストが受けられるので、TOEIC用のウォーミングアップとしても役に立ちます。

どんなわけで日本語では、英語での「Get up」や「Sit down」と言う場合に、二語を離して「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」と明瞭に発音しているのでしょうか?この場合なら「ゲラッ(プ)」「セダン」と発するべきなのだ。
ロゼッタストーンというのは、日本語を全く用いないようにして、吸収したい言葉だけに浸るような状態で、その国の言葉を体得する、ダイナミック・イマージョンという素晴らしいやり方を採択しています。
知人のケースでは無料のある英単語学習ソフトを使って、約1、2年くらいの勉強のみで、アメリカの大学院入試レベルのボキャブラリーを身につけることが可能になりました。
一般的に英語の勉強をするのだとしたら、①まず先に何度も何度もヒアリングを繰り返すこと、②考え方を日本語から英語に変換せず、英語そのもので考える、③一度暗記したことをきちんと保有することが肝心だと思います。
漫画『ドラえもん』の英語版の携帯アプリ「ドラえもんイングリッシュコミックス」等も市販されていますので、活用すれば思いのほかとっつきにくい英語が近くに感じるようになります。