Skip to main content

英語学習|リーディングの訓練と単語の特訓…

英語をマスターするには、とりあえず「英文を紐解くための文法的ルール」(文法問題に解答するための勉強と分けて考えています。)と「最小限の必須英単語」を暗記する勉強の量が欠かせないのです。
有名な英語の言いまわしから、英語を自分のモノにするという手順は、英語学習そのものを長らく維持していくためにも、半ば強制的にでも取り組んでもらいたいのです。
ある語学スクールでは、連日段階別に実施されている集団単位のレッスンで英会話の講義を受け、その後更に自由に会話する英語カフェで、英会話練習をしています。学習したことを使いこなす事がカギなのです。
その道の先輩たちに近道(尽力なしにということではありません)を伺うことができるならば、スピーディーに、実用的に英語の技能を進展させることができると思われる。
わたしの場合は、読むことを多く実践してフレーズを増やしてきたから、その他の3つの主な技能(リスニング・ライティング・スピーキング)については、別々に街中で売られている教科書を何冊かこなすだけでまかなえた。

iPod + iTunesを使うことにより、既に買った語学番組等を、あらゆる時に、いろんな所で学習することができるから、隙間時間を適切に使うことができて、英会話のレッスンをスイスイと続けていくことができるでしょう。
いったいどうして日本人は、英語で使われる「Get up」や「Sit down」と言う際に、二語を離して「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」というように発音するのか疑問です。この発音は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音するべきです。
英会話レベルが中・上級の方には、まず最初は英語の音声と字幕を使うことをご提案します。音も文字も英語のみにすることで、何の事について会話しているのか、洗いざらい通じるようにすることが目的です。
アメリカの企業のコールセンターというものの大多数は、驚くなかれフィリピンにあるのですが、電話で話し中のアメリカにいる人は、話し中の相手がフィリピンのメンバーだとは想像もしていないと思います。
リーディングの訓練と単語の特訓、その両方の学習を並行してやるようなどっちつかずのことはせずに、単語というならまったく単語だけを一時に暗記するべきだ。

英語の発音には、特殊な音の関連というものがあります。こういった知識を意識していないと、大量にリスニングを特訓しても、英会話を聞き取っていくことが不可能なのです。
ふつう英語には、様々な効果的学習方法があるもので、「オウム返し」に繰り返すリピーティング、シャドウイング方式、聞いた文章をそのまま書き写すディクテーションと、人気のある海外ドラマや映画を使用した実用的学習など、大量にあるのです。
あるオンライン英会話の学習方法は、少し前に話題をさらったフィリピン人の英語リソースを特化させたプログラムで、英会話を習いたいという多くの日本人に、英会話のチャンスを安い価格で供給しています。
欧米人としゃべる機会は多いかもしれないが、フィリピンやインド、メキシコの人がしゃべる英語など、具体的に発音に相違ある英語を理解することも、重要な英会話における能力の重要ポイントです。
おしなべて英和事典や和英辞典などを活用していくことは、ものすごく有益なことですが、英会話の学習の上で最初の段階では、辞書そのものに依存しない方がいいと思います。