Skip to main content

英語学習|何よりもまず直訳することはせず…

はなから文法の学習は英会話に必要なのか?といったディスカッションはしつこくされているけど、私が身にしみて思うのは文法を理解しておけば、英文読解の速度が圧倒的に向上しますから、のちのち非常に役立つ。
変わらず人気なのは、NHKラジオの中の英会話の教育番組は、好きな時間にPCを使って学習できるので、英会話番組の中でも高い人気があり、コストがかからずにこの高水準な英会話の教材はないと言えます。
とある英会話サービスは、少し前に話題をさらったフィリピンの英会話力を上手に活用した教材で、ぜひとも英会話を学んでみたいという大勢の日本人に、英会話を学ぶチャンスを格安で用意しているのです。
何よりもまず直訳することはせず、欧米人独特の表現を取り込む。日本人の発想で勝手な文章を創作しないこと。よく口にする言い方であれば、それだけそのまま英語の単語に変換しただけでは、英語とは程遠いものになります。
「イギリス、アメリカ等の英語圏の国に行く」とか「英語を母国語とする知人を作る」とか「英語で会話している映画や、イギリスやアメリカの音楽や英語でニュース番組を観る」といったやり方があるが、とりあえず基となる単語を2000個くらい刻み込むようにするべきです。

『英語を自在に話せる』とは、閃いた事がとっさに英語音声にシフトできる事を表わしていて、話の中身に従って、何でも意のままに主張できる事を意味しています。
YouCanSpeakという教材の特徴は、耳を使って英会話学習をするというより、話すことで英語を知るタイプの教材なのです。とにかく、優先度を英会話においてレッスンしたい人にちょうど良いと思います。
英語というものには、リピーティング方式、シャドウイング方式、「聞き書き」のディクテーションなどの色々なバリエーションの能率のよい習得法がありますが、駆け出しに有益なのは、重点的に聞き取る訓練を繰り返すというものです。
大量に暗記していればその場しのぎはできても、いつになっても英文法というものは、分かるようにならない。むしろ認識して、全体をビルドアップできる能力を獲得することが英会話レッスンの目的です。
有名な英語の名言・格言・俚諺などから、英語を自分のモノにするというアプローチは、英語の勉強そのものを長い間に渡って続行したいのなら、何はともあれ応用して頂きたいものなのです。

オーバーラッピングという手法を試すことにより、聞き取り能力がアップする根拠は2点、「発語可能な音は聞いて判別できる」ためと、「英語の処理能率がよくなる」ためなんです。
アメリカの人間とトークすることは多いとしても、アジア系のフィリピン、インドなどやメキシコの英語など、直接的に発音に色々な癖のある英語を聞いて理解できるということも、重要な会話能力の重要ポイントです。
英会話の勉強をするならば、①とりあえず何度も聞くこと、②考え方を日本語から英語に変換せず、英語そのもので考える、③一度理解したことをその状態で継続させることが大事になってきます。
意味することは、言いまわしそのものが着実に聞き分けられる段階に至ると、表現そのものを一つの単位で記憶上に積み上げられるような時がくる。
アメリカに拠点がある会社のお客様コールセンターのほとんどは、実際はフィリピンに設けられているのですが、電話で話しているアメリカにいるお客さんは、向こうにいるのがフィリピンの人間だとは気付かないでしょう。